スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

前田和久の緑内障5アプローチ 効果は口コミ通り?

気が付けば緑内障の不安でため息を漏らすことが増えていたとしても、手術をしないで緑内障を改善してくれるのが緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラムです



■緑内障改善プログラムがオススメの人

■失明が現実的になって恐怖を感じている

■目が充血しやすい

■仕事に支障が出ている

■肩がこりやすい


緑内障治療で処方される目薬といえば、ミケランやハイパジールといった点眼薬ですよね。緑内障の直接的な原因である眼圧症状を抑えてくれる薬です。

もう少し詳しく言うと、点眼薬の効果で房水をコントロールします。房水の生成・分泌を抑えるか、もしくは房水の排出を促すことで、眼圧を低下させます。



こうした点眼薬の使用を続け、眼科にもスケジュール通りに通院をしていくわけですが、実はこんなことを繰り返しても緑内障を治すことはできません。せいぜい緑内障の進行を遅らせるだけです。

特に正常眼圧緑内障の場合には、いくら眼圧を下げたところで、緑内障の進行を止めることはできません。失明リスクが刻一刻と迫ってきてしまいます。



点眼薬ではもうどうにもできないレベルに達してしまった場合、手術をするようにすすめられます。手術をすることで、確かに眼圧をより強力に抑えることはできます。

けれども房水の生成・排出能力は、依然としておかしな状態が続いています。遅かれ早かれまた、眼圧が上がり始め、緑内障に頭を抱えることになります。



緑内障を抜本的に改善しようと思ったら、房水のコントロールが重要になってきます。薬を使わず、自力で房水を正常な状態保てるようになる必要があります。

厚生労働省からも緑内障予防・改善として、食事や運動、睡眠などに気を付けるように指導されているように、目の病気だからと言って、目の周りにばかり注意を向けてはいけません。



■前田和久の緑内障5アプローチ

緑内障が悪化する原因は実は、体のあちこ
ちに潜んでいます。そして、日常生活のちょっとしたポイントが、緑内障リスクを高めていたりするんです。

前田和久の緑内障5アプローチを実践していけば、何をすると緑内障を悪化して、何をすれば緑内障を改善できるのか?はっきりと理解することができます。



具体的には、血流と自律神経の2つの障害を取り除いていくことが前田和久の緑内障5アプローチの主な内容となっています。

房水の生成や排出は、本来ならば自律神経によってコントロールされています。けれども、自律神経の働きが乱れることで、房水のコントロールが上手くいかなくなり、眼圧上昇を招いてしまうわけです。



自律神経は様々な要因に影響を受けます。ストレスが緑内障に良くないと言われるのも、ストレスを受けることで交感神経と副交感神経という2つの自律神経のバランスが大きく崩れてしまうからです。

また、良く眠ることで体の自然治癒力を高めることができるのはもちろんのこと、体内時計を正常に整えることができます。体内時計が狂うとやはり、自律神経の悪影響を与えてしまいます。



前田和久の緑内障5アプローチでやることは、そのほとんどが日常生活のちょっとした改善です。マニュアルを見ればすぐにでもスタートできる簡単なものばかりです。

こんなことをして本当に緑内障は治るのか?と、心配になるほどですがこれまでに多くの人が緑内障改善に成功しています。あなたも、下のような結果を手に入れることができますよ。

■目のかすみがなくなる

■車の運転もラクラク安心してできる

■光が戻ってくる

■治療のために時間やお金をつぎ込むことがなくなる




一生点眼薬を手放せないような生活になってしまう前に、前田和久の緑内障改善プログラムで身体も気分も爽快になるにはこちら










スポンサーサイト